• ホーム
  • オーラルセックスで性病に感染する原因は?自覚症状のない場合も

オーラルセックスで性病に感染する原因は?自覚症状のない場合も

性病感染の原因のひとつにオーラルセックスによるものがありますが、どうしてオーラルセックスで病気がうつってしまうのか疑問に思ってしまう人もいるはずです。性感染症は性器同士が接触したり、体液が体内に入り込むことによって感染したりすると認識している人が多いので、本当に口から感染してしまうことがあるのだろうかと思ってしまう人もいるでしょう。実は性病は粘膜と感染部位や体液が接触することでもうつってしまうことがあるので、病原菌を保有している性器を口に含むと病気がうつってしまうことがあります。反対に咽頭に感染が見られる場合は、口に性器を含むことで性器に病気がうつってしまうこともあるので注意が必要です。

オーラルセックスを行うときにコンドームを利用することは少ないので、性器や粘膜が直接触れてしまうことが多いと言えます。性風俗であってもコンドームを利用せずにオーラルセックスを行っているお店は多く、そこから性病をもらってしまう男性も多いようです。たとえ口内で射精するようなことがなかったとしても、感染することがあるので注意が必要だと言えるでしょう。なかには射精しなければオーラルセックスで性病感染は起こらないと思っている人もいるようですが、射精の有無は関係ないので気をつけておいてください。

性器に性病感染が起こったとき、自覚症状があらわれないこともあると聞いたことがある人は多いはずですが、これは咽頭への感染でも同じことが言えます。オーラルセックスによって咽頭に性病が感染したとしても、自覚症状が起こらずに感染した事実に気がつくことができない場合も多いです。咽頭に感染した場合は喉の痛みや発熱などの風邪のような症状があらわれるのですが、このような症状が一切なく気がつくことができない人は少なくありません。症状がなくてもこのようなセックスで性病に感染してしまうことは良くあることなので、このような行為を行うときにはうつってしまわないように気をつけておく必要があります。

オーラルセックスを行ったときに粘膜や傷口から病原菌が入り込んでしまうことがあり、その結果性病に感染することがあるはずです。挿入を伴うセックスでなければ性病になるリスクが少ないと勘違いしている人は多いですが、実際はオーラルセックスでも感染することが多いので、正しい知識を持っておきましょう。セックスのような挿入を伴う行為と異なってコンドームを使用することが少ない行為だと言えるので、オーラルセックスで性病感染が起こらないように意識しておくことが大切です。