• ホーム
  • ヘルペスウイルス感染症はあちこちに飛び火する?

ヘルペスウイルス感染症はあちこちに飛び火する?

薬のケース

感染症として知られている病気のひとつにはヘルペスがありますが、これは感染力が強いのであちこちに病気が飛び火しやすいと言えます。ヘルペスウイルスが飛び火しやすいものだと知らなければ、感染者と接触してしまうことなどによって、病気をもらってしまう可能性もあるはずです。ヘルペスウイルス感染症は他の病気と比較してもうつりやすい病気だと言えるので、具体的な感染経路などを知って、どのようにうつってしまう可能性があるのか理解しておきましょう。

ヘルペスウイルスには1型と2型がありますが、1型は口唇ヘルペスに2型は性器ヘルペスになるという特徴があり、種類によって感染場所が異なります。どちらに感染する場合もヘルペスの症状が出ている部分との接触によって感染するので、感染者と接触しないように注意しなければなりません。性病のなかにはディープキスでは感染しないというような病気もありますが、口唇ヘルペスの場合は直接粘膜同士が触れることになるキスによって感染する可能性が高いので危険です。たとえヘルペスの症状が出ていないときであったとしても、皮膚や粘膜の表面にヘルペスウイルスが存在している可能性があります。ウイルスの保有者に症状があらわれていないときでも接触してしまうと、他の人に被害が拡大するので注意が必要です。

水痘帯状疱疹ウイルスもヘルペスウイルスのひとつだと言えますが、このウイルスの場合は直接的な接触がなくても感染してしまうことがあるので、特に気をつけておかなければなりません。飛沫感染してしまう感染症なので、保育園や幼稚園などの子供が密集して生活するような場所でヘルペスウイルスが飛び火しやすいと言えます。咳によって飛沫感染を起こしたり、感染している子供の唾液が付着したおもちゃを他の子供が口に含んでしまったりすることで感染することもあるようです。口唇ヘルペスや性器ヘルペスのように直接的な接触がなくても感染してしまうケースがあるので、感染症をもらってしまうことがないように意識しておくことが大切だと言えます。

ヘルペスウイルスには複数の種類がありますが、水痘帯状疱疹ウイルスの場合は性的な接触や粘膜の接触がなくても感染することがあるので、特に注意しておきましょう。性器ヘルペスや口唇ヘルペスも感染症のなかでは比較的感染しやすい病気だと言えるので、うつることがないように気をつけておくことが大切です。ヘルペスのような症状が出ている人とはなるべく接触しない、飛沫感染を避けるためにマスクを着用するなど、意識して感染を防ぐようにしてください。