仕手株の見分け方

グラフ

世の中には仕手株をやって大儲けをしてる人がいます。ある意味、仕手株は職人技とでも言えるのですが、素人が仕手株に手を出して大損してしまうことが多いのでできることなら見分ける力を備えたいものです。
仕手株というのは、資金を持ってるプロが株を買い集めて、株価が大きく上がったところを狙って一気に売りさばいて儲けることができる株のことを言います。
実際に株価が上がる材料(好決算、新商品の開発など)がある状態で買い手が増えて株価が上がるのは自然のことです。
ですが、少しずつではなく一気にあがってストップ高になったり、株価の動きがおかしい場合は仕手株化されてる、と判断します。
仕手株を見分ける方法は、株式売買を専門に教えてくれる学校や講習会に行くと理解しやすいです。
チャートで見分ける方法がありますが、素人からの視線ではチェックしきれないことがありますので、専門家のアドバイスを受けるほうが確実です。
チャートでは、見た目では数日から数カ月ほどほとんど株価が動いてないのが特徴です。
好材料がいくつか出ていて、株価が上がって良さそうなのに上がっておらず、上がりそうな場面でも売り気配が強く、株価上昇を抑えらてることがしばらく続いて、後からドッカーンと上がり出すことがスタートになります。
一気に上がったことが注目され、「ここは明日も上がるかもしれない」と思って買い出す人が増え、株価上昇が続いたころに一気に売りだされてしまう、という動きです。
売り出される前に手放した人は利益確定できるかもしれませんが、少し下がったところで「押し目チャンス」と判断して買ってしまい、その後に一気に下がって大損してしまう人が多々います。
危ない株に手を出したくありませんが、見極めや見分け方の目を養って「負けない投資」をしましょう。

関連記事
人気記事一覧
アーカイブ