• ホーム
  • 性器ヘルペスの症状は?どこにどのような症状が出るか解説します

性器ヘルペスの症状は?どこにどのような症状が出るか解説します

薬を飲む男性

身体に異変があらわれたとき、それが性器ヘルペスであるかどうかを判断するためには、性器ヘルペスの症状について正しい知識を持っておく必要があります。性感染症のなかには性別によって違った変化が見られるものもありますが、性器ヘルペスの場合は男性も女性も同じような変化があらわれることがほとんどです。ただし、女性が初めてウイルスに感染したときに早期治療できなければ激しい痛みが生じる可能性が高いので、その点に注意しておかなければならないでしょう。

初めてヘルペスウイルスの2型に感染すると、性器の表面にヒリヒリとした痛みやむずがゆさを感じるようになり、数日から1週間ほどでかゆみのある赤いブツブツや水ぶくれが生じます。それらは時間が経つとともに破れてしまい、潰瘍と呼ばれるただれのようなものができてしまうはずです。男性の場合も強い痛みや発熱を伴う場合がありますが、女性の場合は痛みが強すぎて排尿が困難になることもあるほどなので、早めに治療することが大切だと言えます。これらの症状と同時に太もものリンパ節の腫れや痛みが感じられたり、肛門周辺や直腸粘膜に症状が出たりすることもあるので注意しておきましょう。

性器ヘルペスの場合は男性であれば亀頭や陰茎体部、女性であれば外陰や膣の入り口に症状があらわれることが多いです。どちらの性別の場合であっても初めて感染したときは、再発時より強い痛みのことが多いので、なるべく早く治療を開始するようにしてください。性器ヘルペスは1年以内に8割以上の人が再発すると言われていますが、再発時も同じような場所に症状があらわれます。初感染のときよりも痛みなどが軽いことがほとんどですが、性器に症状があらわれて困ることには変わりないので、再発したときにもただちに治療を開始することが大切です。

ヘルペスウイルスの2型に感染すると、男性も女性も性器に症状があらわれてしまいます。水ぶくれや赤いブツブツができてしまうのですが、女性の場合は排尿困難を引き起こすほどの痛みが発生することが多いので、特に注意しておきましょう。なかには陰茎や外陰にしか症状があらわれないと勘違いしている人もいますが、性器ヘルペスで肛門周辺にも痛みなどがあらわれることがあるので、正しい知識を持つようにしておくことが大切です。性器や肛門周辺に痛みを感じたり水ぶくれやブツブツが発生したりしている場合は、ヘルペスウイルスの2型に感染している可能性があるので医療機関を受診するなどして、早めに適切な治療を進めるようにしてください。