• ホーム
  • 性病の予防方法は?一番確実なのはコンドームを正しく使うこと

性病の予防方法は?一番確実なのはコンドームを正しく使うこと

性感染症にならないように予防しておくことが大切なので、正しい予防方法を知っていつも実行しておくことが必要だと言えます。多くの人が性病になってしまう原因は性行為によるものなので、まずは性行為によって感染してしまわないように予防することを心がけましょう。最も確実な予防方法はコンドームを正しく使用することなので、性行為を行うときには必ずコンドームを用いるようにしてください。

そもそも、性病がどのように感染するのかと言うと、感染者の感染部位や病原菌を含んだ体液が他の人に接触することで感染します。たとえば、感染者とコンドームを使用せずにセックスすれば性器や粘膜、体液などの接触が起こるので病原菌に感染してしまう可能性が高いです。病気によってはオーラルセックスでも感染することがあるので、コンドームを用いずに行うことが多いオーラルセックスで性病になってしまう人は少なくありません。このように性行為をコンドームなしで行ってしまうと、感染部位や体液、粘膜などが接触して感染するので、コンドームを用いることで直接的な接触を避けることが大切だと言えます。

なかには、射精する直前にコンドームを使用するようにしている人もいますが、これでは性病の感染を防ぐことができません。性病だけではなく妊娠のリスクもあるので、途中から避妊具をつけることはとても危険な行為だと言えるのですが、射精する前でも体液は分泌されていますし、感染部位が接触してしまうので初めからコンドームを装着しておきましょう。また、ピルを服用していれば性病が予防できると勘違いしている人もいますが、これもまったくのデタラメであり性感染症を予防することは不可能なので、ピルを服用していてもコンドームを着用するべきだと言えます。

性感染症を患っていることが分かっているのであれば性行為をしないようにするべきだと言えますが、性病に感染していることに気づいていない段階で性行為を行うこともあるはずです。常にコンドームを正しく使用することを心がけておけば感染のリスクを下げることができるので、コンドームの使用を徹底しておきましょう。他にも不特定多数の人と性行為を行わないことも性感染症の予防方法のひとつだと言えます。多くの人と身体の関係を持ってしまうと、それだけ感染するリスクが高まってしまうのでパートナー以外とは性行為をしないほうが性病を予防しやすくなります。性病の予防方法として最も確実なものはコンドームの使用なので、性行為を行うときは必ず正しく使用することを忘れないようにしておきましょう。