• ホーム
  • 性病の感染経路は?たった一度の性行為でも性病の感染はおこる

性病の感染経路は?たった一度の性行為でも性病の感染はおこる

性病に感染してしまわないようにするためには、感染経路を知っておくことが大切だと言えます。どのようなことが原因となって感染するのかを知らなければ、気づかないうちに性病になっている可能性もあるので注意が必要です。性感染症になってしまう理由の多くは性行為によるものなので、性行為以外では感染しないと思っている人もいますが、実際はそうではありません。性行為はもちろんですが、それ以外でも性病に感染してしまう経路があるので、具体的にどのような感染経路があるのか確認しておきましょう。

まず、性行為の場合は、コンドームを用いずに行ったセックスやアナルセックスによって感染することが多く、たった1回だけコンドームなしで性行為を行ったとしても感染することがあります。相手が病原菌を持っていた場合、病原菌が含まれた体液との接触や感染部位との接触によってうつってしまうことがあるので、性病を患っている人とは性行為を行わないようにしておくことが大切です。オーラルセックスを行う人も多いと思いますが、基本的にオーラルセックスをコンドームありで行う人は少ないので、咽頭や性器に病原菌が存在している場合は感染してしまう可能性が高いので危険だと言えます。特に感染力が強い病気を患っている人との性行為は、1回だけでも感染してしまう確率が高くなるので注意しておきましょう。

性病の種類によっては性行為以外が感染経路となることもあり、性行為の経験がないような人でも感染してしまうケースもあります。たとえば、温泉やプールなどの共用施設の利用で感染してしまったり、感染者が使用したタオルや下着を共用したりすることでも感染することがあるようです。感染者が使用した後の便座に座ることで感染するケースもあり、性器や感染部に直接接触しなくてもうつってしまうことがあります。家族に感染者がいる場合、病気の種類によってはタオルや便座の共用で感染する可能性があると知っておきましょう。性感染症にはあらゆる感染経路があるので、性行為以外で感染する可能性があるということを知っておくことが大切です。

基本的には性行為によって感染することが多いので、性病の感染経路の多くはコンドームを使用せずに行った性行為によるものがほとんどだと思っておいて良いでしょう。ただし、ディープキス程度で感染する場合もありますし、病気によっては直接的な接触がなくても感染することがあります。性病の感染経路が多岐にわたるものだと知らなければ、気づかないうちに感染してしまう可能性が高くなってしまうので、感染経路について正しい知識を持つようにしてください。